マヌカハニーは妊娠中に食べても大丈夫?

殺菌効果が高くスーパーフードとして人気の高いマヌカハニーですが、1歳未満の赤ちゃんは食べてはいけないとされています。
では妊婦は大丈夫なの?と疑問に思う方もいらっしゃると思いますので、妊娠中にマヌカハニーを摂取してよいか調べてみました。

1歳未満の赤ちゃんにはマヌカハニーを与えないでください。

厚生労働省では「はちみつを与えるのは1歳を過ぎてから」と指導しています。

――厚生労働省のホームページ引用―――

1. 1 歳未満の赤ちゃんがハチミツを食べることによって
  乳児ボツリヌス症にかかることがあります。
2. ハチミツは1歳未満の赤ちゃんにリスクが高い食品です。
3. ボツリヌス菌は熱に強いので、通常の加熱や調理では死にません。
  1歳未満の赤ちゃんにハチミツやハチミツ入りの飲料・お菓子などの食品は
  与えないようにしましょう。
―――――――――――――――――――

はちみつには、ボツリヌス菌という菌が含まれています。
ボツリヌス菌が食品などを介して口から体内に入ると、
大人の腸内では、ボツリヌス菌が他の腸内細菌との競争に負けてしまうため、
通常はなにも起こりません。

一方、まだ腸内環境の整っていない、赤ちゃんの体内に入ると、
ボツリヌス菌が腸内で増えて毒素を出し、便秘、ほ乳力の低下、
元気の消失、鳴き声が小さくなる、首のすわりが悪くなるなどといった症状を引き起こすことがあります。
ほとんどの場合は、適切な治療により治癒しますが、まれに亡くなることもあるため、
絶対に与えないように注意しましょう。

ボツリヌス菌とは

ボツリヌス菌は、土壌中や海、湖、川などの泥砂中に広く存在する細菌です。
熱に強い芽胞を形成しており、ボツリヌス菌の芽胞は、
低酸素状態に置かれると発芽・増殖が起こり、毒素が出るとされています。

一般的に、はちみつは包装前に加熱処理を行わないため、
ボツリヌス菌が混入していることがあります。
また、ボツリヌス菌(芽胞)の耐熱性は120℃で4分とされており、
熱に強いため、通常の加熱・調理では死にません。

ボツリヌス症とは

ボツリヌス症は、食品中でボツリヌス菌が増えたときに出るボツリヌス毒素を
食品とともに摂取することにより発生するボツリヌス食中道と、
乳児に発生する乳児ボツリヌス症があります。

乳児ボツリヌス症の発生状況
厚生労働省によると、国内での乳児ボツリヌス症は、保健所が食中毒として報告した事例で、
1986年以降3例、医師が乳児ボツリヌス症として報告した事例で、1999年以降16例です。
米国では毎年100例以上の報告があります。
件数は少ないですが、1歳未満の赤ちゃんには絶対に与えないようにしましょう。

妊婦さんは大丈夫!マヌカハニーでマイナートラブルを防ごう!

ここまでボツリヌス症についてお話すると、
妊婦さんはマヌカハニーを避けるべきなのでは?と不安になる方もいると思いますが、
1歳未満の腸が未発達の赤ちゃんにとって、マヌカハニーはリスクが高いですが、
腸が発達してる妊婦さんには大丈夫とされています。

妊娠中はお薬が飲めないなど何かと気を付けなければいけないことがたくさんあります。

風邪、インフルエンザ予防、胃腸の不調、口内炎やのどの痛みなど、
お薬が飲めない分、マヌカハニーの力を使って健康維持を考えてみてはいかがでしょうか。

マヌカハニーは妊婦さんに不足しがちな、ミネラル、鉄分、カルシウムも多く含まれています。

参照:厚生労働省ホームページ

タイトルとURLをコピーしました