2019年はラグビーイヤー! 世界最強チームニュージーランド・オールブラックスの 選手たちも愛用している健康法とは!?

2019年9月から開催されるラグビーワールドカップ2019TM日本大会。
初心者にも楽しめるように見どころをご紹介していきます。

ラグビーワールドカップ2019TM日本大会

第9回になるラグビーワールドカップ2019TMは日本で開催されますね!

2019年9月20~11月2日の44日間にわたり、
開催国の日本をはじめ、世界のラグビー強豪国20か国が集結し、
全国12会場で48試合が行われます。

今回はアジア初開催!
今まで歴代優勝国及びベスト8常連国の
ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、
ヨーロッパでしか開催されたことがないラグビーワールドカップ!
そんな中、過去ワールドカップでベスト8にも入ったことがなく、
2015年大会まで1勝しかしたことのなかった日本が選ばれたのです!

ラグビーファンの間では、4年に1度の大会ではなく、一生に一度しかないと
興奮するほどの大会!

ラグビーワールドカップ2019TM日本大会、みなさん一緒に楽しみましょう♪

出場国紹介

POOL A~Dまで世界の強豪が20か国が出場します。

POOL A

アイルランド、スコットランド、日本、ロシア、サモア

POOL B

ュージーランド、南アフリカ、イタリア、ナミビア、カナダ

POOL C

イングランド、フランス、アルゼンチン、アメリカ、トンガ

POOL D

オーストラリア、ウェールズ、ジョージア、フィジー、ウルグアイ

プール戦とは

全チーム数組み分け各組でリーグ戦を行う。グループリーグのことです。
基本的に出場チームを各グループ同数になるように複数グループに分けて総当たり戦を実施する。
グループ上位に入ったチームは決勝トーナメントに進出して優勝を争う。
グループリーグ通過順位によって決勝トーナメントの組み合わせに影響する場合がほとんどです。

プールAには

アイルランド、スコットランド、日本、サモア、ロシアの5チームで決勝トーナメントに進出できる上位2チームを争います。

日本は何位くらい?ラグビー世界ランキング

出場国だけみても初心者にはさっぱりわかりませんよね。ここで世界ランキングを紹介します。

ラグビー世界ランキング

1位 ニュージーランド(NEW ZEALAND)
2位 ウェールズ(WALES)
3位 アイルランド(IRELAND)
4位 イングランド(ENGLAND)
5位 南アフリカ(SOUTH AFRICA)
6位 オーストラリア(AUSTRALIA)
7位 スコットランド(SCOTLAND)
8位 フランス(FRANCE)
9位 日本(JAPAN)
10位 フィジー(FIJI)
11位 アルゼンチン(ARGENTINA)
12位 ジョージア(GEORGIA)
13位 イタリア(ITALY)
14位 アメリカ(USA)
15位 トンガ(TONGA)
16位 サモア(SAMOA)
17位 スペイン(SPAIN)
18位 ルーマニア(ROMANIA)
19位 ウルグアイ(URUGUAY)
20位 ロシア(RUSSIA)
21位 カナダ(CANADA)
22位 ポルトガル(PORTUGAL)
23位 ナミビア(NAMIBIA)
24位 香港(HONG KONG)
25位 オランダ(NETHERLANDS)
26位 ブラジル(BRAZIL)
27位 ベルギー(BELGIUM)
28位 ドイツ(GERMANY)
29位 チリ(CHILE)
30位 スイス(SWITZERLAND)
31位 韓国(KOREA)
32位 ケニア(KENIYA)
33位 ジンバブエ(ZIMBABWE)
34位 コロンビア(COLOMBIA)
35位 ポーランド(POLAND)

日本はラグビー世界ランキング第9位

2019年8月12日ワールドラグビー発表では、
日本は11時から過去最高に並ぶ9位に浮上しました。
日本の9位は16年2月以来3年半ぶりだそうです。

世界最強国はニュージーランド・オールブラックス

ラグビーのニュージーランド代表「オールブラックス」は、
圧倒的な強さでワールドカップ(W杯)は3回制し、125年の歴史上、ほぼ3/4の試合を勝利し、その勝率はサッカーブラジル代表をも上回るそうです。

初心者でもわかるラグビー ルール

ラグビーには、7人制、13人制、15人制があり、
今回のラグビーワールドカップ2019TMは15人制でプレイされます。

ラグビーはボールを使った神取ゲームです。
ボールを相手陣地の一番奥にあるスペースに置くことで、ポイントが入ります。
これが「トライ」というもので、決まれば5ポイントです。

ラグビーは防具を付けることなく、激しいぶつかり合いが認められているスポーツです。
そのため「常に紳士であれ」「卑怯なことはしてはいけない」という原則もあります。

ボールは常に先頭になくてはならず、待ち伏せして攻めることはできません。
ボールを前に落としたり、投げたりするのも反則です。
前にけるのはOKです。

ラグビーワールドカップ2019TM見どころは?

日本

日本は第1回からラグビーワールドカップに出場していますが、1勝21敗2分という残念な成績。
しかし、2015年、W杯で2度の優勝を誇る南アフリカ代表を破って世界から大注目を集めました。そんな日本が、日本大会でどんな成績を残してくれるのか楽しみですね。

最強国ニュージーランド

次に、プールBで見逃せないのは、
ニュージーランド代表・オールブラックスが歴史上初大会3連覇を達成できるかも注目されています。
世界ランク1位を2009年から保持しており、過去125年を振り返っても3/4の勝率、近年に至っては9割近くの勝率を誇っています。

ちなみにニュージーランド代表選手で注目したいのは、
2016年2017年にワールドラグビー最優秀選手にも選ばれたボーデン・バレットです。
彼は弟達もニュージーランド代表に入っています。
司令塔としてチームを引っ張る彼にも注目してみてください。

注目の試合

9月20日(金)19:45~ 東京
 日本 VS ロシア

 初のアジア開催となる歴史的な大会のオープニングマッチ。
 開催国の日本代表の試合が見られます。

9月21日(土)18:45~ 神奈川
 ニュージーランド VS 南アフリカ

 3連覇を目指すニュージーランド代表の初戦の相手は、
 100年以上にわたるライバル国、南アフリカ。
 南アフリカも過去2回優勝経験があり、世界のラグビーをけん引してきた2大国。

9月28日(土)16:15~ 静岡
 日本 VS アイルランド

 世界ランキング3位のアイルランドとの戦い。

10月5日(土)19:30~ 愛知
 日本 VS サモア

10月13日(日)19:45~ 神奈川
 日本 VS スコットランド

 この試合は日本代表にとって、決勝トーナメント進出をかけた運命の大一番になります。

そして、決勝トーナメントは

準々決勝 10月19日(土) 16:15~ 大分
              19:15~ 東京
      10月20日(日) 16:15~ 大分
        19:15~ 東京

・準決勝  10月26日(土) 17:00~ 横浜
      10月27日(日) 18:00~ 横浜
・3位決定戦 11月1日(金)  18:00~ 東京
・決勝   11月2日(土)  18:00~ 横浜

ラグビー試合以外の見どころ、ハカについて

【ラグビー】All Blacks HAKA 誰をも興奮させる熱いダンス 鍛え上げられたカラダがスゴイ!!【ハカ】

ラグビー最強国・ニュージーランド代表オールブラックスといえば、
試合前に士気を鼓舞する踊り「ハカ」を知っていますでしょうか?

 ニュージーランド・オールブラックスは圧倒的な強さに加え、
「ハカ」を踊ることで、存在感を放っています。

 ラグビーワールドカップ2019TMでも、
 ハカを観るチャンスが何度も訪れることでしょう。

ハカとは

ニュージーランドの先住民族であえるマオリ族が、
 戦いの前に戦意高揚や相手を威嚇するために踊っていたといわれています。

 35歳以上の方であれば、
 「頑張って、頑張って、仕事!」「頑張って、頑張って、遊び!」と
 スーツ姿でハカを踊った中外製薬の栄養ドリンクグロンサンDX(1991年)のCMを
 ご存じではないでしょうか?

グロンサンDX CM 1991

 あれの元となる歌です。

 ハカには多くの種類がありますが、ニュージーランド・オールブラックスには、
 「カマテ」と「カパオパンゴ」の2種類があります。

 「カマテ」の歌詞はこんな感じ(日本語訳)
 よく聞け!準備しろ!
 強く握れ!手を叩け!
 強く足を踏み鳴らせ!

 私は死ぬ!私は死ぬ!
 私は生きる!私は生きる!
 私は死ぬ!私は死ぬ!
 私は生きる!私は生きる!
 見よ、この勇気あるものを
 ここにいる毛深い男が
 再び太陽を輝かせる!
 一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!
 そして最後の一歩、そして外へ一歩!
 太陽の光の中へ!
 昇れ!

 「カパオパンゴ」は2005年に新に作ったもの。
 オールブラックスの意味を再認識するために作られたもの。

 よく聞け!準備して並べ!
 オールブラックスよ、国をひとつにさせてくれ!
 いまだ!鳴動する我らの国よ!
 今こそ、我が奮起する時!
 それこそが我らをオールブラックスたらしめる!
 今こそがその時だ!
 輝く時だ!
 我々が支配し、
 その優位は偉大なる勝利となり
 敬われ高く掲げられる
 シルバーファーン!
 我々はオールブラックス!
 シルバーファーン!
 我々はオールブラックス!

なぜそんなにニュージーランド代表・オールブラックスは強いのか?

ニュージーランド・オールブラックスが強い理由

ラグビーが圧倒的人気のスポーツであり、身体能力の高いトップ選手がラグビーを選択する。
優秀な生徒に対して奨学金を払って他国からも優秀な選手を受け入れている。
育成システム、コーチングなどの環境が充実しているなどが挙げられます。

ニュージーランド代表・オールブラックスも健康維持に活用している!?マヌカハニー。

オールブラックスの「ハカ」のルーツである、ニュージーランドのマオリ族。
彼らは非常に屈強でたくましい民族だと言われています。
そんな彼らの暮らしを昔から支えてきたのが、「マヌカ」でした。

マヌカから採れるマヌカハニーは、今でも家庭や医療現場で健康維持に欠かすことのできない
特別なはちみつとして日常的に使用されています。

マヌカハニーは通常のはちみつが持つ特性に加え強い抗菌作用を持っております。
高い抗菌作用で、風邪やインフルエンザ予防、虫歯予防、整腸作用に効果的と言われています。

ニュージーランドのオールブラックスが最強なのも、
マヌカハニーによる日々の健康管理によるものかもしれません。

日々の健康管理やここ一番という勝負時に、マヌカハニーはどうですか?!

タイトルとURLをコピーしました